スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛子さまの通学状況、東宮大夫が公表せず(読売新聞)

 宮内庁の野村一成・東宮大夫は23日の定例記者会見で、学習院初等科3年生になった皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)の通学状況などについて、「特にお知らせすることはありません」として明らかにしなかった。

 愛子さまの通学に関する問題は、3月5日の定例会見で野村大夫が「学校生活への不安を訴え欠席している」などと発表し、波紋が広がった。

 野村大夫は「公人たる愛子さまの様子を紹介するのは大事」と述べていたが、23日の会見では一転して、「その都度発表するのは控えたい」とした。

東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
<財政審>26日に総会開催 会長に吉川・東大教授選任へ(毎日新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
<訃報>戸井田孝さん61歳=大日本印刷常務(毎日新聞)
スポンサーサイト

ニュース検定 感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)

 入試や就職試験でも出題される「時事問題」の理解度を測る「ニュース時事能力検定試験」が開始から4年目を迎え、主催する毎日新聞社とNPO・日本ニュース時事能力検定協会は22日、東京都千代田区の帝国ホテルで、「ニュース検定感謝の集い」を開いた。共催している全国の新聞社や放送局の幹部ら約60人が参加。これまで受検者は8割以上が20代以下で占めており、若者の間で「N検」として定着しつつあることを喜び合った。

【新刊本】『2010年度版ニュース検定公式問題集1・2・3級』

 N検は07年開始。全国の新聞社や放送局計31社が共催し、全国四十数都市の試験会場で実施されている。小中学生レベルの5級から社会人上級レベルの1級まで5段階に分かれており、これまでに8回の検定で累計5万5000人が受検。合格者2万5000人に合格証が発行された。この日、主催者あいさつの中で朝比奈豊・毎日新聞社社長は「今後、(N検が)教育現場や企業などで、さらなる導入が促進されるよう願っている」などと話した。

 次回の第9回検定は6月20日に実施予定で、申し込みは5月21日まで受け付ける。

【関連ニュース】
ニュース検定:団体受検、姫路の2校優秀賞 飾磨工業高と淳心学院中高が受賞 /兵庫

天皇、皇后両陛下が浅田選手にお声かけ 春の園遊会 (産経新聞)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
首相動静(4月16日)(時事通信)
普天間、強気で対米交渉を=国民新・亀井氏(時事通信)
プラダの元部長、「セクハラ指摘で解雇」と民事訴訟へ(産経新聞)

摂関時代は寝殿造、初の裏付け 藤原氏の別荘跡(産経新聞)

 京都府宇治市の宇治市街遺跡から、平安時代後期(11世紀中ごろ~12世紀中ごろ)の回廊跡や池を伴う庭園跡の一部が見つかり、16日、市教委が発表した。藤原氏の別荘とみられ、摂関時代には「寝殿造(しんでんづくり)」だったことが初めて裏付けられた。別荘は巨大な池を挟んで平安京と対峙(たいじ)するように北向きだったことから、当時の上皇などとの権力闘争も背景にうかがわれるという。

 見つかった回廊跡は、幅2.1メートル、長さ8.5メートル。直径30~40センチの柱穴8つが2つずつ対になって南北に伸びていた。回廊跡の西側には小石敷きの池(深さ0.5メートル)を伴う庭園跡があり、池跡は南北10メートル、東西7メートル分を確認し、さらに広がるという。

 平安京の貴族の邸宅は、寝殿から伸びる2つの回廊の間に、池を伴う庭園を配置する「寝殿造」。今回の回廊跡や庭園跡も同様の配置で、市教委はこの時代に宇治一帯に広大な領地を持っていた藤原氏の別荘と判断した。

 一方、平安京の貴族の邸宅はいずれも南向きであるのに対し、今回見つかった別荘跡は北向きという異例の構造。市教委は、巨椋池(おぐらいけ)や比叡山などが望める景観美を優先したのではないかと推測している。

 京都大学大学院の上原真人教授(歴史考古学)は「藤原一族が別荘地として新たに宇治を都市設計したとみられる貴重な発見。巨椋池の対岸には上皇たちが暮らした鳥羽離宮があり、緊迫関係があったのかもしれない」と話した。

 現地説明会は17日午後1時~3時。JR奈良線宇治駅から北へ徒歩約2分。

【関連記事】
奈良平城京に日本の源流を見る
奈良・破損した吉野ケ里ガラス管玉の修復完了、返納へ
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
奈良・甘樫丘中腹で塀跡発見、丘の上の蘇我氏邸を示唆?
中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡
外国人地方参政権問題に一石

浅間山警戒レベル、平常に=気象庁(時事通信)
気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)
愛子さま、登校続ける=始業式から1週間(時事通信)
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙-ジャーナリスト銃撃(時事通信)
もんじゅ安全性「問題ない」=専門委が報告書、近く知事判断へ-福井(時事通信)

【くらしナビ】ユニ・チャーム 開発8年、働く女性の救世主(産経新聞)

 □グローバル開発本部商品開発部マネージャー 八巻(やまき)孝一さん(37)

 タンポンは装着に抵抗感があるが、ナプキンは「もれ」が心配。そんな悩みに答える商品が好評を得ている。挟むだけという装着の気軽さに加え、もれの恐れを軽減し、流せる生理用品「シンクロフィット」だ。

 「ナプキンは出口をくっついたり離れたりするので、経血が体に伝うなどして広がってしまう。一方シンクロフィットは体の動きと同調(シンクロ)することで、密着(フィット)し、もれを防ぎます」

 「挟み続ける」ことを可能にしたのが、アジア人女性の体に合わせた絶妙なサイズ。「対象をよく知らないと製品は作れないので、もしかしたら女性よりも女性の体にくわしいかもしれません」。研究者としてのきめ細やかさが、製品の誕生につながった。

 開発にトータル8年。最初の4年は前身の商品「ボディピース」開発で基礎を確立し、後の4年で最大の特徴である水洗化にこぎつけた。「液体を吸収するくらいの強度をもちながら、流したあとは大量の水による物理的な衝撃で繊維がほどけ、バラバラになるようなバランスをとるのが難しかった」と振り返る。

 もっともこだわったのは、肌触りのやわらかさ。水に流せるものといえばトイレットペーパーを思い浮かべるが、生理用品がその感触では困る。素材の不織布の試作品だけで40~50個ほど作り、試行錯誤した。現在の部署に配属される前に不織布の研究をしていた経験が役立った。

 シンクロフィットは立ち仕事の人向きとPRしている。「介護ヘルパーの方から、こういう商品を待っていましたと手紙をいただいたときは、非常にうれしかった。作ったかいがあったとしみじみ思いました」。介護ヘルパーは、もれが気になる白系の服装が多く、体勢もよく変える仕事。トイレへも頻繁に行けないこともあり、まさにこの商品が向いている。

 「生理中でも楽な気持ちを提供したいという思いを込めた。もれの心配がある人、生理が憂鬱(ゆううつ)だという人に使ってもらいたい」(河西沙英子)

<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
桜開花予想 寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
<威力業務妨害>商品にカッターの刃…都内のコンビニ3店舗(毎日新聞)
警視庁科学捜査研究所でガラスが破裂 (産経新聞)

広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月2日、分かりやすい情報発信を支援するための専門の部署「コミュニケーション支援室」(仮称)を7月に広報室内に設ける方針を明らかにした。

 「コミュニケーション支援室」は、常勤職員2人、非常勤職員2人の計4人体制となる見込み。常勤職員については現在募集中で、広報・広告に関する実務経験を有する人などを民間企業から採用する予定だ。
 同室では、ポスター、パンフレットなど厚労省が広く一般に発出するものを分かりやすく、かつ正確に伝わるものにしていく。


【関連記事】
難解な医療用語、段階的に説明を
10年度診療報酬改定の基本方針を読み解く
医療者は患者固有の情報を大切に
医療者が歩み寄り、「病院の言葉」を明解に
「病院の言葉」を明解に―国語研が都庁で講演

<与謝野元財務相>離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)
猫でショート?鹿児島市立病院で1時間半停電(読売新聞)
「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置-警視庁(時事通信)
千葉女子大生殺人、ATM男6回目の起訴 一連の捜査は終結(産経新聞)
舞妓 「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)

<自民>参院選岩手で県議を公認(毎日新聞)

 自民党は5日、今夏の参院選岩手選挙区(改選数1)で新人で岩手県議の高橋雪文氏(39)を公認候補として擁立すると発表した。同党は同選挙区で2月に公募を実施したが、「適任者がいない」と選考を断念していた。

【関連ニュース】
自民:参院選候補を追加発表
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
国民新党:亀井郁夫副代表 参院選に選挙区での不出馬表明
参院選:民主・木俣議員不出馬 愛知選挙区、比例代表も
自民:参院選の候補者2人を発表

雑記帳 小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)
高速道路上限割引 来週にも正式発表(レスポンス)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
構造計算偽装 大阪の建築士 他に119物件担当 (毎日新聞)

首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(2)】(26日午後)

 「ある意味で、まぁ、こう言ってはいけないかもしれませんが、『ぶら下がり』という今までの慣習的なやり方よりも、もっと多くの皆様方に開かれた記者会見を、より多く開かせていただくことの方が望ましいのではないかと考えております。一方、さらに申し上げれば、これは官房長官とも、よく相談をしなければなりませんが、いわゆる官房機密費、内閣報償費を開いて参ります。国民の皆さんに、税金なんですから、もっと、いつの時代には、このように使われていたんですよ。わかるような形に仕立てていかなければいけないんじゃないか。旧政権との大きな違いを、このようなところに作り上げてまいりたいと思っております」

 「『国を開く』とは何か。私は2つ申し上げたい。その一つは、国が今まで行っていたものを、これからは、地域に任せる。いわゆる地域主権の国づくりに大きく転換をしていく。地域が疲弊しています。地域の活力をもっと高めていくために、国の権限をこれからは、基本的には地域に委ねる。地域に任せる。そんな社会に大きく変えていきたいと考えています。そのためには、義務づけ、枠づけ。こういったものの根本的な見直しとか、あるいは、まずは一括交付金化を行って、いわゆる補助金で、国から地方へ、ひもが付いているような状況は、一切無くしていきたいとも考えております」

 「もう一つは、私が年来、申し上げております、国を世界に向けて、特にアジアに向けて開く。『東アジア共同体』という構想を、これを現実のものに仕立て上げたいと思います。EPA、FPAという、いわゆる自由貿易の方向は、さらに戦略的に行ってまいりたい。特に、日本と韓国との間のEPA、FTAを再開をさせていきたいとも思っております。投資環境、日本にはなかなか投資できないね。そのような、いわゆる非関税障壁は、できるだけ早く、取り除いていかなければならないことも、言うまでもありません」

 「ただ、それだけではなく、人を開かなければなりません。どうも、日本人、まだまだ心が閉じている部分もあります。これからは、私たち、おじいちゃん、おばあちゃんに対して、看護をしよう、あるいは介護をしたい。そういう世界からの声に、もっと応えるような日本にならなければいけないと思っております。このような意味での、国を開くということは、大変これからの日本にとって重要だと思います」

 「そして、その2つ。官を開く、国を開くことによって、結果として、未来を開くということが、できようかと思います。『新しい公共』のあり方、地域主権を作り上げていくこと。このことによって、一人一人の皆さん方が、いわゆる今まで、経済の尺度のなかで、自分の幸せを得ようと努力してきた。これからは、経済という尺度だけではなく、さまざまな多様な尺度のなかで、幸せをもっと身近に感じていただけるような世の中に変えていくことが必要ではないか。私はそのように感じております。それを行うことによって、日本という国を、未来に向けて大きく開くことができると思っております」

 【時計の針戻すな】

 「最後に、申し上げたいことがございます。私ども、衆議院、参議院で、特に予算委員会を通じて議論をしてまいりました。年金の議論、社会保障の議論、あるいは財政の議論、大変、未来を占うために、難しいテーマでございます。こういったテーマに関して当然、言うまでもありませんが、まずは政府がしっかりとした提案を作り上げていくことは論を待ちません」

 「しかし、ある一定の時に、野党の皆様方にもご協力をいただきながら、協議を深めていくことも、必要ではないか。このような大きなテーマに関して与党だ、野党だ、いがみ合うようなときではない。むしろ、大きなテーマに向けて、国をあげて取り組む姿勢も、いつの時代か、作り上げていかなければならないと思っております。さらに『政治とカネ』の問題に関しても、冒頭にも申し上げましたけれども、この問題に関しても、与野党、協力をしていきながら、解決の道筋を作り上げていくことが、大変重要なのではないかと思います」

 「改めて、申し上げたい。私ども、政権を握らせていただいて半年たちました。さまざま、未熟なるがゆえに、問題点も抱えていると思います。しかし、決して、時計の針を逆に戻してはならない。大きな未来に向けて、時計の針をもっと勢いよく回せるような、そんな政府を作り上げてまいりたいと思っておりますので、どうか、国民の皆様方にも、辛抱強くご指導いただけますように、お願いを申し上げて、まずは、冒頭の、私からの、国民の皆さん方へのメッセージといたします。聞いていただいた国民の皆さんに厚くお礼を申し上げます。ありがとうございます」

=(3)に続く

【関連記事】
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円
亀井郵政改革相「決定プロセスは元に戻さない」
【正論】希望的観測では首相は務まらぬ
よせばいいのに…亀井氏独走で閣内対立露呈
民主・小沢幹事長「参院選で必ず過半数は達成できる」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

足利事件再審無罪 菅家さん「感無量」 逮捕から6689日「自由」(産経新聞)
高松塚古墳 保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)
郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取
「せんとくんカプチーノ」登場=奈良〔地域〕(時事通信)
プロフィール

Author:あいばたかよしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。